渋井不動産だ。

本日は京町堀一丁目のリノベーションビルよりお届け。

京町堀のグッドリッチに建ち続けること祝40年。

街の様々な変遷を見守り続けたこのビルが、全面をリノベーションして今や入居者が絶えない人気物件となっている。

渋井不動産的に推せる、暮らしやすい街 京町堀1丁目。

大阪市西区のランドマーク靭公園も近く、最寄り駅は四つ橋線 肥後橋駅。

玄関を開けると白を基調にまとめ上げられ、ライトアップされた小棚は、聖闘士星矢なら全巻並べることができそうなワイド感。

40年前から残されたRC造の躯体を剥き出しにした内装は、一切のムダを排除したスメルトン。

 

※スメルトンとは…住める設備だけが残されたスケルトン空間。スメルトンに該当する物件は渋井統計上、人気が高く、内覧した人を魅了する。

黒い一面のパーテーションは大型の収納。

無機質な空間に収納だけが置かれ、躯体を剥き出した室内はあなたの五感を刺激する。

どんな内装でも対応可能なポテンシャルが、この物件にはある。

塗装で仕上げた室内の壁から、一面だけタイル張りにされたシステムキッチン。

デザイナーズマンションらしからぬ、大振りなガスコンロと調理スペースがアナタの自炊ライフを全力でサポートする。

振り返ると、そこに収納。

収納の中にコンセントが用意されている点から察するに、ここには電子レンジを置くのだろう。

 

44㎡の広々ビッグワンルームと併せて、今回はビッグバルコニーを用意した。

40年間でこの物件が経験したワビサビが手すりに表現されている。

この錆すら愛おしくなる魅力が、この物件にはある。むしろこの錆を肴に、敷かれたウッドデッキでウイスキーを呑みたくなるはずだ。

バルコニーからの眺めは靭公園じゃない方のパークビュー。

遠くに見える高層ビルからエスケープしたような、ゆったりとした空気が流れる京町堀の素敵な立地。

渋く仕上げられた内装とビッグバルコニー。そして眺望の良いパークビュー。

合せ技が相まって、この物件の希少価値をグングン上昇させている。

グレージュカラーのタイルが敷かれたパウダールーム。

そして普通のお風呂。

住める設備がキチンと用意された上に、事務所・店舗利用も可能。

京町堀にこんな渋い事業用物件は他にないため、探している方はご一考頂きたい。

兎にも角にも、住居・オフィス、ダブルで取り合いになることは必須。

もうお分かりですね。

渋い物件をお求めの方は、大阪で一番渋い 渋井不動産までお問い合わせ、ご相談下さい。

 

以上。

賃料共益費敷金礼金
11万円1万円0円11万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市西区京町堀1肥後橋1976年10月RC造7階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1R約44㎡マンション
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
7階-ありあり無し

お問い合わせ