こんにちは。ozawaです。

引っ越しシーズン真っ盛り、ということで本日は大正区の物件を取材してみました。

始めにお伝えしておきますが、ここの物件は「男性・中年女性のみ可」な物件です。

中年女性というのが、どの年代の方を指すのかは僕にはさっぱりわかりませんが、恐らくオーナーの独断で決まるのであろう、とのこと。

音羽マンション(otowa)マンション。

どこか親近感を覚えるこの名前に思わずテンションが上がります。

こちらがマンション入り口。

写真はkinpon氏に撮っていただきました。

「ozawaさんの爽やかな一枚が欲しい」とのリクエストがありましたので、

妻夫木聡をイメージしてみました。

氏には感謝です。

 

そんな夢のような時間も束の間。

今度は一変して、どこか悲しみを背負った表情をしております。

もっと写真を撮れればよかったのですが、引っ越しシーズンの渋井不動産にそんな余裕はありません。

氏に案内されるがまま突き当たりの部屋へ。

「え?ここ?」の一枚。

昭和真っ盛りの外観に、平成生まれマックブック育ちの僕には少々不安が。

しかし、我々は渋井不動産。

いい意味で期待を裏切ってくれるに違いない!

不安と希望が入り混じった右手が、ドアノブを回します。

* 左上の板は表札にできるかもしれません。でも、できないかもしれません。

さて、突然ですがここで別の物件をご紹介。

ではないんです!あの扉の向こう側なんです!

信じられません。恐ろしく綺麗な内装。

それもそのはず、今年の1月末にリフォームしたばかりなのだとか!

オーナーの今年にかける思いが伝わります。

10帖のビッグワンルーム。

これだけの広さがあればPSVRで動き回っても大丈夫です。

 

 

部屋の隅っこには、部屋干し棒(Kawaki Stick in Heya)が設置されておりました。

はじめこれを見たときに、男性・中年女性向けのお部屋ということもあり「これって懸垂用のアレ?」と氏に質問してしまいました。

ある意味正解です。

洗面・トイレはこんな感じです。

こちらも清潔感あふれる状態です。

用を足すときに丸見えじゃないか!と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

トイレ横、匠(オーナー)の手によって設置された「神秘のベール」が、あなたのプライバシーを守ります。(70パーくらい守ります)

 

良いお風呂。

僕はお風呂が大好きで、今ぐらいの時期には週に4回もお風呂に入ってしまう生粋のお風呂好きです。

そしてここの浴室、なんと浴室乾燥機能(Yokushitu de Kawaki)付きなので、洗濯物も乾かせてしまう優れた空間となっております。

紹介しそびれてしまいそうなので、ここでクローゼットへ。

紳士淑女の方は、日頃のパーティドレスの収納に頭を抱えてしまいがちですが、ご覧ください。これだけ大きい収納、自然と笑みがこぼれてしまいますね。

そして誰が来ても一目でわかる4インチフルスクリーン大画面!

さて帰ろうか、と電気を消した時に見つけました。

ここの住人にとってオーナーは太陽のような存在であることが感じ取れます。

お部屋の紹介は以上です。

最後に氏と僕がどれほど仲が良いかを表した写真で締めくくりたいと思います。

恋人のような距離感に思わず私も緊張しております。

 

さて、当物件は

大正駅までは徒歩3分

家賃は共益費込みで6.3万円となっております。

 

リフォームしたての大正ライフ、満喫できれば「あんたが大将!」

以上です。

 

賃料共益費敷金礼金
6.3万円0円6.3万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市大正区三軒家西1大正1982年10月鉄骨造4階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1R約31㎡無しビル
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
2階-無し有り空き有り

お問い合わせ