皆様こんにちは。ご機嫌いかがでしょうか。

本日は私、渋井不動産の元気印、シュワちゃんが紹介させていただきます。

 

どうぞよろしくお願い致します。

本日足を運んだ場所は大阪市西区本田。

実はこの物件、不動産マニア・渋井不動産ファン垂涎の素敵なチクフル物件でございます。

その理由は...

そう、先日のM−1でも決勝戦に出場された「和牛」のお二人が渋井不動産の物件調査員として紹介したビルなのです。

何を隠そう私シュワちゃんは、企画が放送された「おはよう朝日」を見て渋井不動産の門を叩きました。今でこそ渋井不動産のマスコット的存在になった私も、この物件がなければ今はありません。

渋井不動産が盛大にバズったあの物件から、奇跡の空室です。

引き続きどうぞ。

和牛のお二人が書かれた記事では触れておりませんが、エントランスに入ると外観と統一感のあるエレベーターが顔を出しました。タイル張りのエレベーター、その見た目がレトロ感を加速させますね。

5階建てのチクフル物件で有りながらエレベーター付き、おまけにRC造。出だしから希少価値の高さを惜しみなく披露していきます。

※RC造とは…鉄筋コンクリートで作られたマンション/ビルのこと。現代では一般的な建設法ではあるものの、このビルの竣工当時は贅沢な使用で、めっちゃ頑丈。

目的階に到着すると開放感が加速する、この眺望のヌケ感。

5階建て低層ビルヂングではあるものの、周辺の建物がもっと低層だったからこそ手に入れたこのヌケ感。

ラッキーです。

和牛のお二人が記事を書き、皆様からの盛大な反響によって即埋まったこの物件。

その人気の高さと、入居後の生活の快適さからなかなか空室が出ず、本物を目の当たりにしたことがなかったのですが…!

玄関を開けるやいなや、鼻に突き刺さる森の香り。

そう!

室内の床が全て無垢材!

51㎡の広々空間の床が、全て無垢材!

1LDKで用意された室内も、コレでもかと言わんばかりに無垢材。

床だけでなく、壁まで木材が張り巡らされた室内は、言う間でもなく希少価値タカシ。

森林と住居のハーフ&ハーフ。

12帖の表記よりもリビングが広く感じるのはなぜでしょうか。

すでに森林の中にいると、私が錯覚してしまっているのでしょうか。

広い広いとは言っても、写真では伝わりにくいので、

和牛さんの手法を真似てみましょう。

私が寝てみます。

 

仰向けの私が2と、

うつ伏せの私が1。

そして、

鈴木雅之の顔真似をする私が1です。

(先日美容室に行ったため、中田英寿に寄ってしまいました。)

前回の紹介時は『瞬間最大PVを記録したシーン』でしたが、今回はどうでしょうか。

当時、期間限定で公開させていただいた番組のメイキング記事も特別に放出いたします。

↓↓

『 おは朝で牛の手を借りてみた。』

 

広いリビングの隣には、キチンと寝室が用意されております。

細かな点ですが、エアコンも二台標準装備です。ラッキーですね。

しかもバルコニーから見える景色がベースボールパークビュー。

希少性が高い「パークビュー」の、さらに上をいく「ベースボールパークビュー」。

 

さすが不動産マニアが唸る一件、クセが強い。

大型のクローゼットがパカリ。

無垢材の上に置かれたアルミの冊子がスムーズな収納ライフを応援いたします。

渋井不動産的に好印象な白いタイルが映えるステキッチン。

ガスコンロで美味しい料理を作っていただければ幸いですが、火の元だけはお気をつけください。

 

火は無垢材の天敵です。

脱衣洗面所もこのヌクモリティ。

木目がうるさいくらい無垢材に囲まれていれば、アルプスの森林で用を足しているかのような気分になれるでしょう。

室内洗濯パンも無垢材に包囲されて嬉しそうですね。  

でもお風呂はFutoooooo!!!!!

檜風呂を想像していましたが、その期待は無残にも打ち砕かれてしまいました。

いかがでしょうか。

あの「和牛」のお二人も沸いた物件に現在空室がございます。お二人が弊社でバイトした日から約2年経ちましたが、和牛さんのご活躍は説明するまでもなく。

なんとも縁起のいい部屋です。

無垢材以外にも推せるポイント多めの本作、なんとコミコミ7万5千円。51平米の広さと素敵な設備を持ちながら、周辺の相場を軽く無視したナイスお家賃。

渋井不動産が盛大にバズったあの名作に住む。

是非ご検討ください。

お問い合わせは渋い不動産まで。

 

賃料共益費保証金礼金
6.6万円0.9万円10万円0円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市西区本田1ドーム前千代崎昭和46年1月RC造5階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1LDK約51㎡マンション
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
5階15戸有り無し無し

お問い合わせ