私は桜ノ宮が好きだ。すごく好きだ。

大都会 大阪駅周辺から環状線で一駅にもかかわらず、閑静な住宅街が広がるその町が好きだ。

大川を挟んで広がる緑地が好きだし、その遊歩道を散歩する美女と小型犬が好きだ。

そんな桜ノ宮に建つ、この分譲マンションが好きだ。

程よいベージュの外壁は高級感と落ち着きを与え、15階建てのその大振りなL字型の建築。

莫大な敷地面積には公園もあり、子どもたちのキャッキャした声が響いていた。

紅葉が始まったポーチを歩き、到着したエントランスは役所みたいに荘厳だった。

アーチ状になった天井まで石タイルを惜しげなく使い、センターを陣取る寄せ植えの鉢。

バブルも終焉を迎えた1992年に建てられた建物とは思えないほどバブリーな共用部にはバブリーな管理人も常駐している。

大型マンションらしく、エレベーターも3台導入済み。

呼べば来てくれるそのレスポンスの早さには好感が持てた。

エレベーターを降りると視界が抜ける共用部、本日の物件は2階だ。

その玄関を開けると視界に飛び込む明るい室内。

築年数が25年近く経ったと思えないほど綺麗にされていた。

その玄関は入った左手が全てシューズラック。

この容量の多さ、所有する靴が常人の3倍量な私も思わず好きになってしまったほどである。

一番手前のパカリだけ、出かける前にサッと羽織れるワードローブを仕舞っておける仕様になっていた。

さぁ、ご覧いただこう。コチラが本日のメインディッシュだ。

率直に言えば、私はこの物件が好きだ。すごく好き。

20帖の広いリビング、その片面の壁は全て収納にされていた。この気の利いたガジェットに、莫大な量の衣類や荷物をすべて隠していただけるのだ。

服が多い私は、この収納が好きだ。

そしてリビングを照らすライト達も様々な種類が集められていた。

1.アッパーライト

上向きに放出された光が天井にバウンスし、空間に広がりと温かみを与える。その効果は絶大で、白色の電球にすればクールでエッジの効いた室内に。電球色にすれば優しく、落ち着く空間を演出してくれる。

2.ダウンライト

天井に埋め込まれたその姿はスポットライトによく似た性質を持っており、床に置かれた対象物を鮮やかに照らす。

3.ペンダントライト

高さ、明るさ共に調整しやすい照明器具であり、気軽に保光の増減が可能なライト。ダイニングテーブルの真上に取り付けたり、ソファーとテレビの間のローテーブルを照らしたりするのに最適。

そんなライト達を、この操作パネルで調整する。

するとどうだろう。

この約20帖の室がドラマチックに照らされ、その姿を美しく輝かせているではないか。

だがしかし二面採光の明るいリビング、紹介した照明たちに昼間の出番は一切ないだろう。

お母様が嬉しいシステムキッチンが埋め込まれ、L字に置かれたデシャップ台にはトースターやオーブンがよく似合いそうだ。

しかもその横には冷蔵庫がすっぽり入るスペース。ココにはMiele(ミーレ)の冷蔵庫が似合いそうだ。

そして20帖の部屋を急速に温めたり冷やしたりするエアコンが床置型だった。

「うわ、めちゃ古いんちゃうの??」と心配にさせてしまったなら説明したい。

コチラの床置型エアコン、現在でもダイキンの業務用ラインナップに君臨し続ける商品で、その馬力たるや本気を出せば室内を北極にも赤道直下にもできるパワープレイヤーである。

気になる電気代だが、小さなエアコンでこの広さをカバーするよりも床置型一発の方が遥かにエコなのだ

ダイキンの床置型の隣の掃き出し窓を開けると小さなバルコニー。

目の前に植えられた植物が色鮮やかで、2階という低層階で気になる人の目も一切気にならなかった。

続いて見るからにイイ感じの寝室を紹介する。

Oh!!!寝室にもクセの強いライトがオン。

アッパーライトとダウンライト、2面を持ち合わせたこの照明器具が、夜は寝室をドラマチックに演出することは間違いないだろう。

寝室も角部屋の利点「二面採光」が採用され、明るく健康的な生活を送っていただけそうである。

寝室側のバルコニーが広かった。

手を伸ばせば葉っぱを千切れそうなほど木が近く、裏手の通路を通る人の視線から寝室を守っていた。

広いバルコニー面積をカバーする屋根が、急な土砂降りから洗濯物を守ってくれることだろう。

最後に水周りを見て欲しい。

見ていただければわかると思うが、広い。

脱衣所 a.k.a. パウダールームがとてつもなく広いのだ。

狭いより広い方が皆さんも好きだと思う。私もこの脱衣所がすごく好きだ。

お手洗いに続く、この変わったドアの開き方もすごく好き。

普通のドアの開閉よりもコンパクト、かつ間口を広げたバリアフリーな仕上がりである。

お手洗いもウォッシュレットが付いた、私が好きなタイプのトイレだ。

お風呂はなぜかミントグリーン。

ココまで落ち着きのある空間を保ってきたのに、何故かお風呂で跳ねた。

しかし見て欲しい、この超大型の浴槽を。 自動湯はり・追い焚きはもちろんのこと、そのお湯を抜くときもチェーンに付いたゴムを引き抜くタイプではなく、浴槽に付いたボタンをポンと押すだけだ。

高級である。

どうだろう。

私の好きな町、桜ノ宮に建つバブリーな分譲マンションが11万円。

61㎡の1LDKの間取りが11万円だ。好きだ…。

新婚のカップルやお子様が小さな3人家族にはピッタリな間取りじゃないだろうか。

桜ノ宮とは言いつつも場所は都島通に面しているし、都島駅から徒歩7分程度の距離だから、都島と思っていただいてもかまわない。マンションのすぐとなりには有名な大阪市民病院もある。

経験上、こういうタイプの1LDKは渋井不動産ファンに人気なので、皆様の問い合わせを寝ずに待っていようと思う。

すぐに返信するぞ。

お問合わせは電話・メール・問い合わせフォームから。

 

以上。

賃料共益費敷金礼金
11万円10万円30万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市都島区中野町5桜ノ宮平成2年3月SRC造15階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1LDK約61㎡分譲マンション
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
2階188戸ありありあり

お問い合わせ