リノベーションマンションの基礎知識

リノベーションマンションの基礎知識

7近年、注目を集めているリノベーションマンション。下記にて、そのリノベーションマンションの基礎知識をご紹介します。

リノベーションマンションとは

築年数が経過した物件の、マイナス要素となっている内装設備の古さを払拭して、現代の生活様式に合わせたリノベーションを施して販売、もしくは貸し出されているマンションのことです。リノベーションが施されたマンションは一歩室内に入ると、その室内はまるで新築マンションのように感じられます。つまりリノベーションマンションというのは、中古マンションの価格が安いなどのメリットと、リノベーションのメリットが合わさった、いいとこ取りのマンションと言えます。

リフォームとリノベーションの違いについて

法令に基づいた厳密な定義はありませんが、リフォームとリノベーションには違いがあります。リフォームとは、古くなった建物を新築、または新築に近い状態に戻すことを言います。汚れていたり、古くなったり、壊れていたりしている状態、要するに物件がマイナスの状態のものを、ゼロの状態に戻す作業がリフォームなのです。

一方リノベーションというのは、リフォームがマイナスの状態のものをゼロの状態に戻す作業であるの対し、新たな機能を追加することで物件の価値を高める作業になります。現代の生活様式に合わせて内・外装や間取りを変更したり、よりデザイン性の高い設備に改良したりすることなどが、リノベーションを施すという意味合いになります。

大阪市にある渋井不動産では、上記でご紹介したリノベーションマンションをご紹介しております。
大阪市内でリノベーションマンションをお探しの方は、是非渋井不動産にお任せください。