マンション物件各階層のメリットについて

マンション物件各階層のメリットについて

みなさんは、マンションに住むなら何階に住みたいと思いますか。同じマンションの物件であっても、入居する階層によって物件の販売価格や家賃が変わってきます。それは、その階層ごとで暮らしやすさが異なるからです。一体、階層によってどのように住み心地が変わるのでしょうか。

1階の住み心地とは

あまりいいイメージを持たない方もいるかもしれませんが、マンションの1階には様々なメリットがあります。まず1階であるということは、下に誰も住んでいないということになります。そのため、下の住人への気遣いをする負担が減ります。

特に走り回ることの多い小さなお子さんがいらっしゃるご家庭には、助かるのではないでしょうか。家に入るのも楽で時間がかかりませんし、地震などでエレベーターが止まったとしても影響を受けることはありません。避難もしやすいのが1階です。

中階~最上階の住み心地とは

中階以上のメリットとしてまず挙げられるのは、風通しと日当たりの良さです。もちろんマンションの構造によって変わってきますが、基本的に階層が高いほど周りの建物に影響されないため良い条件になります。また、最上階は眺望も良く、開放感があります。

特に東京や大阪などの都会では、美しい夜景を毎日楽しむことも可能なためおすすめです。1階であっても中階であっても最上階であっても、それぞれにメリットは存在します。

住む上で何を重要視するかを考えた上で、物件探しをすると良いでしょう。

大阪市内で魅力敵な物件をお探しでしたら、渋井不動産にご相談下さい。事務所は大阪市西区新町にあり、心斎橋駅から徒歩10分の距離にあります。北堀江や京町堀など、大阪で上位の人気エリアで物件を多数取り扱っております。