今回は言わずと知れたデザイナーズリノベーション物件「鎗屋アパートメント』の紹介です。 場所は中央区鎗屋町、いわゆるオフィス街にあります。 雰囲気が、抜群によい。GO!GO!

鉄板の建物看板が強烈に渋い。

細部までデザインされた賃貸物件。他にはありません。

エントランスには特注のアイアン扉が設置されています。

上部には鎗屋アパートメントのロゴも模られており、他のリノベーション物件とは違って「しっかりブランディングされてる感」を感じることができます。

!!!

まさかのエントランスロビーでした。アンティークが爆発してる。そんな感じ。

右の扉はオートロック式なのですが、部屋へのインターホンが見当たりません。この写真のどこかにあるのですが、わかりますか?

そう、なんとアノテーブルの上に置かれた黒電話がインターホンなのです。渋過ぎです。

そんなスーパーアンティークなこのエントランス空間。このイスに座っているだけで雑誌の取材を受けてしまいそうですね。恥ずかしがりやの僕は、取材を受ける前に中へ入ります。

完成度の高いアンティークデザインに押しつぶされそうです。それはそれは、んもうお洒落過ぎて息苦しいほど。

何とか、耐えました。

黒と金の配色は高級感を出す勝利の方程式ですか。

横の絵は僕が書いて飾っておきました。テーマは「パンツニット帽マン」です。

玄関前でこの雰囲気。たまりませんね。

僕が書いた絵がいっぱい飾ってあり、とても嬉しいです。 

玄関を開けると最初に目に飛び込んでくるのが、このオシャレなついたて。アイアンのパーテーションです。「シャレオツイタテ」とでも言いましょうか。

右側に見えるのがキッチンです。スケスケですが、絶妙にキッチンと玄関を仕切ってくれてます。

やっぱり「スケ塀」にしときます。

 

お部屋の雰囲気はこの感じ。

壮絶な反響を記録した「黒い床のデザイナーズワンルーム」と同じく、黒い床・白い壁、高く抜かれた天井の鉄板3点セットでございます。

本物件は店舗・事務所としても利用できる賃貸物件で、玄関を開けた瞬間にその空気感を全て感じられる間取りです。

黒いコンクリート床が渋いじゃないですか。

オフィスリノベーション物件(正確に言うとコンバージョン物件)でありながらバルコニーがあり、十分な採光も取れておりますので、住空間としても良い物件といえるでしょう。

パーテーション裏はクローゼットスペース。洋服だけでなくあらゆるものを閉まっておけるスペースを確保しました。

洋服が多い方はここに十分収納できるので良いですね。僕の場合は、ここに掛ける服を持っていないので、大根でも干して飢えをしのぎます。

パーテーションの柄にも注目です。モノクロの渋いパーテーション。

僕の語彙力ではこのオシャレな柄を上手く表現する言葉はありません。

「白黒葉っぱ時々ドングリ柄」です。

バルコニーはかなりコンパクト。一人で住むには十分だと思うのですが、なにぶん部屋が広いので「ベランダは狭いな」と感じてしまいます。

「バルコニーはこれくらいの広さでいいんだよ!そう感じるお前の心が狭いんだよ!」と思ったあなたに言いたい。

僕の心の広さはすでに太陽系を飲み込み、ハッブル宇宙望遠鏡の観測域外にまで達しているほど。間違いなく、このバルコニーが狭いんだよ。

 

さて、トイレ・バスルームを紹介します。

中央奥が洗濯機置き場、左がバスルーム、あとはご覧の通り。アンティークな鏡ももれなく付いてくるのだから、お得感はこの上ないですね。

希少なタイル張りのお風呂。在来工法の高級な浴室です。こんなお風呂、賃貸物件ではまず目にする機会はありません。

このあたりで物件のご紹介は終わります。あとは実際に目で見て確かめてください。

この鎗屋アパートメント、その完成度が高すぎるが故に空室期間は極めて短いと予想されます。

さぁ、今スグ受話器を取って。あなたの新生活、そんな普通の物件で良いんですか?どちらにしろ、一度内覧してみる価値がある。そんな物件です。

ぜひどうぞ。

鎗屋アパートメント間取り

賃料共益費敷金礼金
12万円1.1万円0円24万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市中央区鎗屋町1谷町四丁目1968年3月RC造6階地下1階
間取り専有面積バルコニー物件種別
1LDK43.78㎡有りビル
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
2階10戸有り無し無し

お問い合わせ