こんにちは、ozawaです。反射越しで失礼します。

今日は上司のKINPONと一緒に福島区へ来ました。本当は一人で来る予定だったのですが、「割とパンチが効いてる」との前情報があり、怖いので付いてきてもらいました。

エントランスを見る限りパンチが飛んでくる気配は全くなく、むしろリラックスしまくりな二人。

k「ozaさんって犬好き?」

o「転生したいくらい好きっす。」

ほがらかな空気が流れます。

 

エレベーター内でキャベツの保存方法を確認。僕はよく飢えるので、このような情報はすごく助かります。

2階に到着し、颯爽と部屋へ向かう二人。

玄関を開けると、分割された大きな姿見が。

心の中では二人とも「何で分けてるんだ?」と思いましたが、こんな握りっ屁程度のパンチでは僕ら二人は動じません。

綺麗にリノベーションされた室内、疾走感がある木目に、二人とも喜んでいました。

「おお〜いいじゃ・・・ん?」

突き当たりに見慣れないモノが。

急遽防御体制に入る。

 

第1ラウンド

早々にいいのをもらってしまった二人。

どう考えても外用の壁。

「アウトドア派でしたよね?」と上司をフォローするも、「そういう意味じゃない。」と一蹴。

クローゼットも外に放置されたかのような雰囲気。

「観葉植物を置いたら映えそう。」という二人の意見でしたが、中に置くと枯れそうなのでナンセンス。

人体模型が吉。

第2ラウンド

リビングに進むと、ものごっつえぇパンチが。

写真中央、シャンデリア。

K「シャンデリアと目線が一緒になったの初めて。」

上司のウィットに富んだ言い回しも虚しく、ずっと「何これ。」状態のozawa。

第3ラウンド

後に「のり汁アート」と、渋井不動産で語り継がれるほど、強烈なパンチ。というか飛び蹴り。

「角度を変えれば、何か見えるんじゃないか?」のビュー。

審議の結果、「相変わらずのり汁」という結果に。

引いてダメなら、のビュー。

 

5分にも及ぶ討議の末、「どう見てものり汁」という結果に。

のり汁の先入観から、いなり寿司にしか見えなくなった窓。

リビングのおさらい。

広さはおよそ18帖で、イカしたアートがあります。シャンデリアをあえて目線の高さに配置することで、ラグジュアリー感はもちろん、お掃除もしやすい主婦ごころ設計。それとは対照的なイカしたアート。

また、壁を外壁風にすることで、外出しなくてもそれなりに出た感を感じることが可能に。その横にはイカしたアート。

先ほどからチラチラ見えてたシステムキッチン。

キッチンまではアートの手が届いていなかったようで、二人とも安心。

 

 

 

 

 

6帖の洋室。

パンチを食らいすぎで「普通じゃん。」と思いましたが、よくよく見るとシックでオシャレな一室。

ここからは「弱パンチ水回りシリーズ」。

リノベ仕立てのただただ綺麗な水回りを、ozawaが「Futooo—!!」と叫ぶコーナーです。

こちら洗面台。

O「Futooo—!!!!」

続いてお風呂。

O「Futooo—!!!!」

そして浴室乾燥機。

O「Fu…」K「いや、ええやん。」

完全に見逃してたozawa。浴室乾燥機が付いている、いいバスルームです。

 

紹介は以上です。

「割と」ではなく、かなりパンチの効いた福島区のお部屋。

54㎡シャンデリ付きが込11.8万円。また、相談次第で事務所としての使用も可能に。

ディフェンスに自信のある方は、渋井不動産まで。

 

賃料共益費敷金礼金
10.8万円1万円0円20万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市福島区海老江7海老江1984年8月RC造7階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1LDK約54㎡ビル
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
2階---

お問い合わせ