どうも、渋井不動産のKINPONです。

本日からゴールデンウィーク最後の週末がやってきますね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は渋井不動産に居ます。一人で。

そして渋井不動産のメンバーは先ほど慰安旅行地であるグアムに到着した模様です。

本来であれば「ゴールデンウィーク」という大型連休に巻き込まれるカタチで、渋井不動産も組織としての機能を完全停止するべきなのでしょうが、私はこのオフィスに残りました。

その答えは簡単です。

 

そう、渋井不動産だからなのです。

渋井不動産は大阪市内、否、日本で一番カッコいい不動産仲介店舗を目指しているのです。

ありがたいことに、毎日たくさんのお客様に足を運んで頂き、そのお部屋探しに終止符を打たせていただいております。

そんな渋井不動産が「ゴールデンウィーク」などという、日本人のエゴが生み出した大型連休ごときで休んでいるわけにはいかないのです。

「ゴールデンウィークでも店を開けるべきだ。」

私のその考えは間違っていないはずです。渋井不動産は渋くあり続けなければいけない。ディグリ続けなければいけない。

そして終わらせるのです。アナタの部屋探しを。

「他のスタッフは休んでくれていい。ゴールデンウィークなんて、オレ一人で十分だ。ゆっくり休んでくれ。」

今日の午前、私は空港で皆にそう言い、黄色いハンカチをジャンボジェットに向かって振ってきました。

先ほど無事に到着したという知らせを受けましたが「借りたアパートメントの鍵が開かない」という甘めのトラブルに遭遇した模様です。解決したのでしょうか。

「やれやれ。俺が居ないと何にもできない奴らだぜ。」   そう一人でつぶやき、お気に入りのレコードに針を落としました。 流れてくるSUGER SOUL、頬を伝う涙。

助けてください。

寂しくて死にそうです。

何を言いたかったのかと言うと、

「渋井不動産、GWも絶賛営業中!」

ということです。

しかし一人で普段の業務をこなすのはとても難しく、写真のように3倍速で働いています。上手く捕まえて下さい。

そうこう言ってますが、早速名作物件に空室が出ました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

『【速報】京町堀スメルトンに、空室発生。』

前回の募集開始日から今日まで、その問い合わせが鳴り止むことがない名作2LDK、内装が渋すぎ。

事務所利用、SOHO利用もOKですので、ドシドシお問い合わせ下さい。

アナタのお部屋探し、ゴールデンウィークも渋井不動産が終わらせます。

 

以上。

お問い合わせ