こんにちは。日焼けで肩から鰹節が出まくっているozawaです。

迫り来る熱波を感じながら本日やってきたのは「北堀江1丁目」。あの有名なソフトクリーム屋さん「GUFO Groovy Ice Cream」のすぐそばという超グッドリッチ。

(もれなくオシャレ女子の大名行列ビュー)

それではお邪魔します。

中に入るとモダンな内装がこんにちは。

写真中央に見えるプレステのようなものはさておき、良いブラウンのフローリングが渋い。

(人によって、良いブラウンはジェームス・ブラウンのことを指しますが、今回は色合いの方です。)

リビングにやって参りました。

写真中央のプレステはさておき、エスプレッソコーヒーかと思うようなカラーで仕上げた上品な一室。

この後に紹介するキッチンと合わせて、体感で15帖ほどの広さです。これは東京ディズニーランドの約20400分の1に匹敵します。広大ですね。

そしてこのリビングで気になるスペースを見つけました。

ここです。

見てください。『フローリングの展覧会』のような一角。何なんでしょうか、この一角。

ozawaが思うに、これは緊急用のフローリング兵糧ではないかと。

普段の生活でフローリングを傷つけてしまったときに、ここからベリっとお気に入りの一枚を剥がして緊急補正。

デザインと実用性を兼ね備えた、フローリングの宇宙。

皆さんが気になってたであろうプレステのご紹介。

実はこれ、プレステでは無いんです。

僕も説明されるまで気づかなかったのですから、皆さんが混乱するのも無理はありません。確かに「何でプレステが吊るされてるんだ?」とは思いましたが、形状がもはやSONYのそれだったので、あまり気になりませんでした。

こちらは「ルームドライヤー」。使い方はわかりませんが、結露とカビを防止する室内ボディガード。

(性能は優れているのですが、部品の関係で現在は製造中止となっているため、かなり希少価値の高い装置です。)

旧プレステの向かいに鎮座するのがこちらのキッチン。

期待を裏切らないステキッチンに「何も言えねぇ」なozawa。

コンロは二口、調理スペースは広大、突っ込むところはもう無い。yoyo

おっと、僕の中のヒップホップが溢れ出てしまいました。

何はともあれステキッチンです。

続いてバルコニーの紹介ですが、ここで悲しいお知らせが一つ。

このバルコニー、日照権を剥奪されております。

僕も必死に太陽光が当たるよう30分間祈祷し続けたのですが、やはり地軸を捻じ曲げることはできませんでした。ココでお詫びいたします。

しかし見晴らしは良好。風通しも、ホワイト企業さながらのものがあります。

 

さて、引っ越しを考える時に「これだけは外せない」と、皆様が口を揃える条件がトイレです。

良く見ると「おや?」と思える箇所が。

なんとトイレットペーパー装着部が真鍮製という激シブな代物。ということで真鍮について調べてみると、

・ヨーロッパでは幸福をもたらす金属として好まれている

・使い込むほどに年輪を重ね、味わいある美しい色調に変化する

とのこと。

何故トイレットペーパーだけこの待遇にしたのかは謎ですが、当物件を象徴するオシャレポイントであることは間違い無しです。

真鍮製でなくてよかった風呂場。とりあえず一安心です。

帰ろうかと部屋を後にすると、なにやらどこかへ繋がっている扉が。

好奇心が常人の8万倍ある僕にとって、このような秘密の扉は何が何でも開けたいのです。

 

ものすごく日当たりがいい共用部でした。

しかし、聞くところによるとこちらの共用部、「洗濯物を干す等の私的利用禁止」とのこと。非常に悔しい。

「部屋のバルコニーもこれくらい採光があれば…」と血の涙を流しながら紹介は以上です。

四ツ橋駅から徒歩2分、幸福なトイレやフローリングの補修に困ることのない当物件は込9万ちょい。

あのジェームス・ブラウンも唸りそうな北堀江。

ゲロッパしたい人は、渋井不動産まで。

 

賃料共益費敷金礼金
8.6万円0.75万円5万円15万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市西区北堀江1四ツ橋1986年5月鉄骨鉄筋コンクリート造10階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1R約37㎡ビル
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
9階35戸無し

お問い合わせ