4月某日のozawa。

連日皆さまにいい物件をお届けできるよう、ネットの荒波を航海中、「えっ、これヤバイじゃん」を見つけてしまいました。

 

「あれ?これ、俺住みたいかも。」

 

本日の記事、その名も「ozawaが検討中の物件Epi.1」。

場所は南堀江4丁目。 内装はozawaにちょうど似合うデザイナーズ。

すぐさま写真を撮りに行ったので、ご覧ください。

【 ozawaが住みたいポイントその1 】

・そこそこの収納力とポテンシャル。

玄関に設置されたシューズボックスですが、ご覧の大きさ。 これだけあれば問題なく靴も寝かせられますし、一番下の段にいたっては、もやしを栽培することができそうなくらい。

収納・兵糧、2つの役割をこなせる優秀なシューズボックスです。

【 ozawaが住みたいポイントその2 】

・41㎡ビッグワンルーム。

僕個人の好みとしては、部屋数があるよりも、その分一つの空間が大きい方が好きです。

(ozawaは幼少期、エレベーターという逃げ場のない空間で友人に鼻クソをつけられて以来、狭い空間に対してトラウマがあります)

天井はコンクリート、床はフローリングにすることによって、人類が歩んできた建築材料の対比を感じることができます。

そして壁は赤、クローゼットは白にすることによって、紅白歌合戦で熱唱する和田アキ子・北島三郎をイメージすることによって、日本音楽界の歴史を感じることも。

これがコントラスト。

ozawaが住みたいポイントその3 ・えげつない収納力。 そしてクローゼットをパカリ。これだけの収納力があれば、僕が持つシャレオツアイテム達も十分片付けることができます。 僕にはよくわかりませんが、二人で暮らせば各々の衣類を仲良くクローズドできちゃうかも。

【 ozawaが住みたいポイントその4 】

・かっちょいッチン。

デザイナーズマンションの真髄ともいえるかっちょいいキッチン。通称かっちょいッチン。

何を作っても映える。キャベツを炒めただけで即もこみちなこのキッチンは、ステンレス製の二口コンロ。

蛇口の流線美はCoolの「C」からきてるとかなんとか。

【 ozawaが住みたいポイントその5 】

・屋内ガーデニングスペース。

ビッグウィンドウからの日当たりが直撃する、屋内ガーデナーの僕としてはこの上ないスペース。

が、ここで問題点が一つ。

ここに物を置いてしまうと、バルコニーへ出るためにベリーロールしなければなりません。

ガーデニングを止めるか、走り込むか。究極の選択が迫られます。

【 ozawaが住みたいポイントその6 】

・清潔感のある水回り。

お風呂もそうなのですが、水回りが放つ清潔感は中々のもの。さすがデザイナーズ。

床一面黒タイルなのがそう感じさせるのでしょうか、高級感すら感じます。そしてトイレだけコンクリート空間になっており、独房チックなのもいいですね。

ozawaが住みたいポイントその7

・浴室乾燥機 優先順位は高くないですが、付いいてて嬉しい設備が浴室乾燥機。稼働させたいがために雨の日が待ち遠しくなってしまいそう。まさに雨季雨季な気分になったところで、紹介は以上です。

当物件は南堀江4丁目のビッグワンルームデザイナーズマンション。西長堀駅から徒歩3分、41 ㎡で込11万円。

 

私ozawaが検討中のお部屋。誰が住むか、決着は渋井不動産で。

以上。

賃料共益費敷金礼金
10万円1万円11万円0円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市西区南堀江4西長堀2007年8月鉄筋コンクリート14階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1R約41㎡ビル
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
9階165戸

お問い合わせ