「ジョブズが愛用していた時計が復刻する。」

真性のマカーである我々渋井不動産はその噂の真相を確かめることにした。

ジョブズが生前愛用していた時計といえばコレ。

「セイコー シャリオ」

無駄な装飾を極端に嫌ったジョブズらしい、ミニマルなデザインが特徴的な一本である。生前実際に身につけていた本モデルは、先のオークションで480万円で落札されたらしい。

 

そんなモデルが復刻されるのであれば、真性のマカーである渋井不動産は絶対に手に入れたい。

そして今回復刻されたのはコチラ。

なんとSEIKOとナノユニバースとのコラボレーションらしい。オリジナルと見比べると、ややデザインの違いが見受けられるものの、現代の技術でよりタフな印象に作り直しました。そんな感じだ。

 

渋井不動産はこの復刻版セイコーシャリオを、何の躊躇もなくポチった。

そして今日届いた。

ダンボールから出てきたのは白に金色の活版印刷を施した美しいハコだった。

だが、そんなものはどうでもいい。我々はむしり取るように開けた。

 

渋井不動産は早くセイコーシャリオに会いたいのだ。

Oops、またハコ。

いやしかし、今回はボール紙の外箱とは違い高級感を加速させる化粧箱。色はチャコール。

ダンボールから数えると、もう3箱目。

マトリョーシカ並の梱包網である。

 

そんなにナイーブなのか?セイコーシャリオは。

3箱目の開封でやっとシャリオに会えた。

会いたかったよ。

 

今回復刻されたのはオリジナルを忠実に再現したホワイト。そしてコラボ限定でブラック。

数量はホワイト1982本ブラック300本とのこと。ケースバックにはシリアルナンバーの刻印も入り、615/198281/300というなんとも微妙な位置だった。

ジョブズも愛用したオリジナルサイズは33ミリのケース幅だが、今回所望したのは37.5ミリ。

ちょっとでもジョブズに勝ちたかった思いの表れである。

着けてみると本当に軽くてノンストレス。日本製の時計っていいなぁと再確認した。

あと、9時の場所にほくろがあることに初めて気づいた。

以上、今日届いて上がったテンションのまま書いたブログでした。

スペックは以下の通り。

❏ ステンレスケース(硬質コーティング)裏ぶた:ステンレス

❏ 牛皮革(カーフ)バンド

❏ 日常生活用強化防水(5気圧)

ホワイト/限定1982本

ブラック/限定300本

 

以上。