もしもし、渋井不動産です。

渋井不動産は希少価値の高い物件を追い求める精鋭部隊。

そんな私たちが本日訪れたのは大阪市西区西本町のチクフルな佇まいのビルヂング。

西本町を交差する電線にその姿をカモフラージュしているが、そのレンガ調の外壁はヴィンテージビルヂングの存在感に負けていない。

 

渋くて希少価値の高いビルヂングだから、もちろんエレベーターはない。

このビルヂング、一階の店舗は美味しそうな鍋屋、二階はパーソナルジムという「太らせたいのか痩せたいのかよく分からないビルヂング」という印象。

毎日3階まで階段で帰宅するアナタはもれなくムキムキになることだろう。

もしくはパーソナルジムで汗を流して、もつ鍋を喰らうというプラスマイナス0な暮らしも期待できそうな物件、玄関に到着した。

外観からの期待感をいい意味で裏切る頑丈な扉がパカリ。

中へ参る。

玄関を抜けると、まさかのリビング。

そのまさかというのも、いろんな意味で裏切られたという意味のまさかである。

あの外観と、もつ鍋屋さんのメニューの感じから、こんな内装が広がっているなんて、誰が想像しただろうか。

なぜかリビングのここを照らしたい、スポットライト。

前の入居者がモネかゴッホでも飾っていたのだろうか。渋い感性を持つ渋井不動産のオフィスにはFJDのアートワークとWHOLE9の壁画が並んでいる。

ぜひ参考にしてほしい。

そしてこの大型ウインドウ。

16帖のビッグリビングが電気をつけなくとも明るいのは、この窓が理由だ。実はこの隣には2階建てのビルヂングが肩を並べ、3階のこの部屋が明るいのは奇跡の上に成り立っている。

その2階建てのビルヂングもまだまだ潰れる気配がないので、この日当たりは当分確保できそうだ。

このキッチン。

コンロとシンクがセパレートされた使いやすいタイプ。しかしここで二人が作業すると、リズムを背中で合わせるミュージシャンみたいな立ち位置になる。

ノリノリだな。

独立洗面台もハイスペックだった。

特に突っ込むところもない。

次!

手洗いもウォッシュレットがついたいいタイプ。

次!

出た!

なんと浴室がほぼオーシャンビュー。

水面(みなも)のような壁に太平洋サイズの浴槽、天井の浴室乾燥機から温風を出せばそこはもう南国。

もっと気分を高めたい時はサーフボードを立てかけて、トロピカルジュースを飲みながら半身浴を勧める。なんだか肌まで小麦色になりそうだ。

振り返って気がついた。

建物自体が「台形」のため、リビングには強烈なパースがかかっている。

目の錯覚でものすごく広く感じるが、広さは16帖。

繰り返す、広さは16帖だ。しかし、もっと広く感じる。

阪神の伝説的な助っ人バースも、このパースの効き方には驚いたらしい。

そんなバースとグータッチしてメゾネット上階を目指す。

階段を上る途中で出会う、外壁。

そして、外壁。

外壁と日当たりの良さが相まって、階段の踊り場はほぼ外。

この物件、ベランダが無い代わりにバースが素振りできそうなほど広い踊り場はある。しかも抜群に日当たりが良い。

洗濯物はこの踊り場か、浴室乾燥機を駆使してほしい。

そんな踊り場から寝室に入室すると、13帖の洋室。こちらもパースが効いているせいでとんでもなく広く感じる。

奥にキャッチャーを座らせれば、ブルペンに早変わり。

ブルペンの奥には7帖の洋室、台形の頂点に当たる。

こちらは素直に寝室にしよう。

全室にエアコンをプレゼントフォー・ユーとのことなので、ありがたくいただこう。

しかし壊れていても、許してほしい。

あくまで、プレゼントフォー・ユーだ。

というわけでバースが驚くパースの効いたメゾネット、13万円で入居者募集中。

ハイスペックな住める設備が整っていながら、なんと住居使用以外も可。

四ツ橋本町徒歩2分のグッドリッチで住居兼オフィスとしてはもちろん、整骨院やエステサロンも可。

なぜかオーナーさんは猫カフェを勧めていた。

そんな希少価値の高い物件、西区西本町より。

気になるあなたは、渋井不動産までお問い合わせを。

 

以上。

賃料共益費敷金礼金
13万円0.2万円13万円26万円
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市西区西本町1本町1985年10月鉄骨造4階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
2LDK約75㎡なしビル
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
3階〜4階-無し無し無し

お問い合わせ