2月某日。大阪は西区にある渋井不動産は今、猛烈忙しいのである。 そんな近況を察したのか、店へと向かう一人の男の姿が。

身の丈は170cmくらいであろうか。

ゆっくりと歩を近づけるその男は、どこか不安と期待が入り混じった雰囲気をまとっていた。

 

彼の名は・・・

君の名は・・・

そう!!

【OZAWA】です!!

ご無沙汰しております。

 

引っ越しシーズン真っ只中、一人でも多くの方に満足していただける物件をお届けするために馳せ参じました。

「渋井不動産」ってどんなところ?

と疑問を抱く人たちのため、事前に仕入れた不在情報を頼りに、店内を潜入取材してみたいと思います。

 

 

 

 

場所は大阪市西区新町1丁目、黄色いビルの2階にあります。

 

ではこれから早速潜入してみたいと思います。

潜入の基本は「敵の位置を把握する」ことが先決です。

前日に「メタルギアソリッド」で予習していた僕には微塵のスキもありません。

 

 

店内に誰もいないことを確認し、まずは潜入に成功。

しかし、そこには当時の内装と全く違うインテリアがズラリ。

「一体、何の店なんだ・・」と自分でもわからなくなってしまいました。

その理由がこれ、写真左手に新設されたDJブース。

圧倒的な存在感を放つこの一角が、今までの不動産屋のイメージを木っ端微塵にしてくれます。

店内は常に心地いBGMが流れております。

誰もいない状況が生み出す圧倒的支配感にテンションが上がり、思わず体が動きます。

少し疲れたので、ブース横に設置されたPS3で遊ぶことに。

65インチ4Kテレビの大迫力スクリーンを前にし、口が半開きになりました。

ゲームはもちろん「ウイニングイレブン」です。

 

スターの僕は迷わずレアルマドリードを選択。

コンピュータを相手に熱戦を繰り広げます。

 

体力も戻ったところでパターの練習。

やはり社会人たるもの、芝の目と場の空気は読めなければなりません。

目標を定め、黙々とパターを打ちます。

パターも飽きたのでキックボードで遊ぶことに。

バレたら怒られること間違いなしですが、今は誰もいません。

思いのまま駆け回り、身も心もリフレッシュできました。

と、ここで急展開。

何とオフィスの電話が鳴り響きました!

普通の人はここで電話が鳴り止むのを待ちますが、僕は一味違います。

社会人たるもの、お客様のニーズに迅速に対応しなければなりません。

お客様の全ての要望を聞き出すことに成功しました。

「こんな条件の物件ってあるんですかね?」との質問が。

 

少し悩みましたが、ここは渋井不動産。

「まぁ多分大丈夫だろう」と思ったので二つ返事でOKしました。

お客様に凄く喜んでいただくことができ、僕もいい気分です。

大きな仕事を達成することができたので、社長デスクで休憩をとります。

が、

社会人たるもの、休憩中も今後の予定を整理しなければなりません。

多少の空腹感を頼りに、晩御飯の献立を組み立てます。

 

「よし、カツ丼にしよう!」

そう心に誓い、全てのミッションをコンプリートした僕は、渋井不動産を後にすることに。

 

いかがでしたでしょうか。

我ながら渋井不動産の良いところを余すところなく紹介できたのでは、と自画自賛しております。

お部屋探しに悩み中の方は是非一度ご相談ください。

それでは。