「株式会社 頓知が移転するらしい。」

そんな噂を聞きつけ、真相を確かめるべく京町堀1丁目のグッドリッチに足を運んだ。

株式会社 頓知が現在オフィスを構えるのは「西船場ビル」という名前のチクフルビルヂング。

エントランスに足を踏み入れると、異世界へワープした。

チクフルだけでは形容できない、オーセンティックな空気がビルの中に充満している。

「渋い…。」

踏み慣らされたPタイルも、プライバシーを無視した集合ポストも、とびきり新鮮である。

歩くたびにギシギシと鳴る廊下。それもそのはず「西船場ビル」と銘打ったものの、コチラの建物は木造建築。

屋根は陸屋根ではなく瓦葺きのオールドスクールタイプ。

 

耐震性は皆様の想像にお任せするが、その希少価値たるや随一。

京町堀の名物ビルと呼ばれ、入居者が絶えない現状を見るからに耐震性や老朽化の不安を越える魅力がこの物件には有るのだろう。

 

 

おっと、そうこう言ってるうちに、株式会社 頓知のオフィスに到着した。

 

こんな希少価値が高い物件から移転するなんて、よほどの理由が有るのかもしれない。

 

その真相を確かめるべく、ヌクモリティ溢れる扉を開いた。

おぉ…めっちゃかっこいい。

白く塗られた壁、集成材を敷き詰めた床。

 

先ほどまでの異空間な共用部からは一転、ただただ渋いイイカンジのサイズ感のオフィスが広がっている。

 

おっと、

株式会社 頓知の代表取締役、大浦社長を発見した。

さっそく移転の真相を確かめるべく、大浦社長本人に直撃取材を試みた。

 

渋井「なぜこんな渋いオフィスを手放してまで移転をされるんですか。そんなに儲かっているんですか?

大浦社長儲かっているのは事実だけど、理由はそれだけじゃない。儲かってくると、必然的に人手が必要になってくるんだ。」

 

大浦社長「この事務所は僕が一級建築士として独立した頃から使っているから愛着があるけども、この7坪の空間が気持ちよく使えるのは2〜3人くらいまで。

 

大浦社長だから儲かってきたこのタイミングで事務所の移転を考えた。そこで渋井不動産が最高の物件を紹介してくれたから、決断できたんだ。

 

大浦社長「僕はこの事務所から卒業するよ。もっと儲かるためにね。

 

大浦社長この事務所は木造建築なんだけど、天井高が2.7メートルも有るんだよ。やっぱり天井高があると、開放感もあるし居心地がいいんだよね。居心地が良すぎて夏はもっぱら全裸だよ。」

大浦社長目の前が公園っていうのも良いポイントだよね。平日の昼間は小学生や幼稚園児の声が聞こえてくる。でも京町堀の子供たちは上品だから全く苦じゃない。むしろ癒やされているよ。」

大浦社長この壁一面の収納も手作りなんだ。スチールのパイプと集成材のパネルを組み合わせたフレキシブルなシェルフ。

大浦社長「自分で言うのもアレだけど、結構自信作なんだ。でも、次のオフィスに持って行くかどうかを懸念してる。

 

大浦社長「儲かってるし、新しいシェルフにしてもいいかなーって。だから欲しい人がいたら譲るよ。材料費はいただくけどね!HAHA!

大浦社長「このオフィスは少人数で始めるならすごく良い箱だよ。一級建築士の僕が作った内装をこのまま使えるしね。」

 

大浦社長最高の思い出がたくさん詰まったこの箱を使いたい人がいれば、渋井不動産に電話して欲しい。彼らならどこの不動産屋よりも、この箱の魅力を伝えられると僕は信じている。」

というわけで、一級建築事務所 株式会社 頓知が大いに儲けたオフィスが入居者を募集中だ。

スペックは以下の通り。

❏ 大阪市西区京町堀一丁目

❏ 大阪市営地下鉄四つ橋線「肥後橋」徒歩5分

❏ 木造2階建 2階部分

❏ 約7坪(約20㎡)

❏ 共用トイレ・共用給湯・個別空調 

❏ 一級建築士が作った内装

 

 

元から渋い、グッドリッチなオフィスを探しているアナタには朗報だと思う。

そのヴィンテージっぷりは他の追随を許さないが、その分築年数相応に家賃も安い。

 

縁起のいい箱が気になるアナタ、お問合わせは渋井不動産まで。

 

以上。

賃料共益費敷金礼金
6.5万円+税13万円13万円+税
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市西区京町堀1肥後橋昭和37年木造2階建
間取り専有面積バルコニー物件種別
1R約20㎡-ビル
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
2階-無し無し無し

お問い合わせ