あれは春先の朝のことだった。

意気揚々と出勤するやいなや、弊社代表取締役店長に告げられた

「いまから住吉大社まで行ってこい」

の一言が懐かしい。

住之江区なんてア・バオア・クーよりもはるか遠くの土地だと思っていた私は、難波から電車で数分の立地の良さと、駅を降りた瞬間 目の前に広がる住吉大社を中心とした閑静な住宅街っぷりに驚いたものである。

物件の前まで来て私は叫んだ。

「なんじゃこりゃー!」

見て欲しい。

もう建て替えレベルでリノベーションされた室内が広がっている。

「あーよかったなー」と花*花バリに口ずさんでしまった自分がいた。

ただ渋いだけでなく、センスに溢れた一軒であることは察していただけるだろうか。

バックビュー。

もうココまで見ていただければ分かっていただけると思うが、この物件は弊社HP掲載後に即入居者が決まり、その募集が終了した一軒である。

しかし、この度入居者様のお引っ越しに伴い募集が再開されたのだ。

少し小上がりになったキッチンの設備にグウの音も出ない。

ガス3口+フィッシュグリルと大振りなレンジフード。広いシンクと余りある調理スペース。

色味は室内に合わせてブラウンに仕上げ、そのトータルコーディネートっぷりに脱帽だ。

キッチンの隣にキチンと配置された室内洗濯パンににも好感が持てた。

でもせっかくならロールスクリーンか何かで隠せることができれば尚良かったのだが、見せるならカッコいい洗濯機にしよう。

前回の紹介時はパナソニックの「Cuble NA-VG」シリーズをレコメンドした。あれ以上にカッコいい洗濯機は他にないので、是非導入して欲しい。西島秀俊もそう思ってる。

お手洗いは階段の下のスペースを利用した場所に設置。

もちろん洋式で、最新のウォッシュレットを完備。

ラーメンの器みたいな独立洗面台。

小ぶりで無垢材とガラスで組んだ素敵な一角である。

ヌクモリティ溢れる色味が素敵なお風呂。

大きく開かれた窓から見えるのは、

この中庭だ。

ココに植物をたくさん置いて、それを見ながらお風呂に浸かる。

おぉ、なんて素敵なライフスタイルなんだ。

そんな1階を後にし、2階に登る。

2階も隙がなかった。

元来この物件を構成させていた建具も残しつつ、そこに新しい建具を重ねることで生まれる、無垢材のコントラスト。

寝転ぶとこんな景色。

木造建築ならでは、剥き出しの屋根裏が美しい。

 

2階と1階の空間を繋げる吹抜も有り。

2階にはちょっとしたテラスも有り。

夏はここで瓶ビールでもつついて「あーよかったなー」と花*花バリに口ずさんで欲しい。

こんなリノベーションはなかなか無い。良すぎる。

以前この物件を紹介してからいままで、この物件に勝る物件に出会っていない。

南海難波から電車で10分、住吉大社駅から徒歩5分。悪くない立地である。

「この物件に住みたいから、この町に住む」 私は大いにアリだと思う。

身寄りがなくても住めば都はるみ、アンコ椿は恋の花である。

今この物件を再び紹介できて嬉しい。

是非、今一度この物件に住みたい想いを爆発させて欲しい。

 

お問合わせは渋井不動産まで。

 

 

賃料共益費敷金礼金
10.5万円-1ヶ月2ヶ月
所在地最寄駅完成年月構造
大阪市住之江区浜口東2住吉大社-木造2階建て
間取り専有面積バルコニー物件種別
1LDK約43.29㎡木造長屋
所在階総戸数エレベーター駐輪場駐車場
1階〜2階-無し無し無し

お問い合わせ